美容のためには頑固な大人のニキビ対策を

私は高校生のときから、ニキビができやすい体質で、吹き出物対策は30代になってからでも欠かせない要素です。思春期のニキビと、大人になってからのニキビは違うと言われていますが、確かに高校生のときには頬にたくさんできていました。

 

その頃は、ニキビの対策方法を知らなかったので、できたら潰していて、直る暇がありませんでした。幸運にもニキビ跡はできず、色素の沈着やでこぼこが残ることもなく良かったです。

 

大人になってからはアゴのあたりや口の周りにできるようになりました。

 

今では、洗顔をすることの他、睡眠をちゃんととることや野菜をとったり、栄養バランスを考えた食事を心がけるなど、自分の身体の調子を整えるということを大切にしています。

 

ニキビだけを直そうといろいろと薬を使ったりしていた時期がありましたが、ニキビができる原因は、そうした外からの対処ではなかなか直るものではありませんでした。

 

身体の調子を整えることで、お肌の状態もかなり改善されました。自分の肌は「身体の一部」なんだなとそのときに思いました。それからは、身体を思いやることで大人の口周りニキビを予防しています。ストレスをいかに溜めないかということも重要です。休みの日は自分のことを100%するようにしています。